まつもと泌尿器科 兵庫県神戸市東灘区 阪急「御影駅」北側徒歩2分

tel:078-855-0855

ご挨拶

このたび神戸市東灘区の阪急電鉄御影駅北側に「まつもと泌尿器科」を開設し、平成20年5月12日より診療を開始させていただきます。
医師になって30年以上にわたり一貫して泌尿器科診療の第一線で活躍してきました。今後はこれまでの臨床経験を生かして、幼児期から生活してきた御影の地において、地域医療の発展のためにお役に立てるよう頑張りたいと思います。
女性にも受診していただきやすい雰囲気の医院づくりにつとめたつもりです。老若男女にかかわらず、お気軽に受診していただければ幸いです。

まつもと泌尿器科 院長 松本修

まつもと泌尿器科の診療方針

信頼していただける泌尿器科診療を実践し、地域の皆さまの健康増進に貢献します

  • 1)できるだけ低侵襲の検査で適切に診断するように努力します
  •   泌尿器科専門医としての豊富な臨床経験をもとに、丁寧にお話を伺い、
      できるだけ苦痛のない必要最小限の検査によって診断するように努力します。
  • 2)丁寧な説明や情報提供によって、適切な治療を提供できるように努力します
  •   病状や治療法などの説明・情報提供を丁寧に行い、患者さんがご自身の病状や
      価値観に合う最良の治療を選択できるように、お手伝いをさせていただきます。
  • 3)他の医療機関と適切で綿密な医療連携を構築し、安心できる医療を提供します
  •   入院や検査・手術が必要な場合には、迅速に適切な病院を紹介させていただきます。
      入院治療後の経過観察などは、病院と連絡しながら当院が分担させていただきます。
      また、全身の健康管理ができるように近隣の医院、介護施設や調剤薬局などと連携していきます。

親切な対応、個人情報の保護などに努め、受診しやすい医療機関をめざします

  • 1)患者の皆さまに親切な対応ができるように努力します
  •   職員の教育や職員が気持ちよく働ける労働環境の整備に努めます。
      できるだけ苦痛のない必要最小限の検査によって診断するように努力します。
  • 2)プライバシーの尊重をこころがけます
  •   患者個人情報の保護・守秘は当然のこと、プライバシーの保護に配慮した
      診療や対応をするように努力していきます。
  • 3)快適な医院環境を整備し、受診しやすい雰囲気づくりに努力します
  •   清潔で明るい雰囲気の、障害をお持ちの方にもやさしい診療所づくりによって、
      女性や高齢者も躊躇なく受診していただけるように努力していきます。

院長の略歴

1976年3月 神戸大学医学部卒業
神戸大学医学部泌尿器科学講座に入局
大学院に進学し、泌尿器科の臨床経験を積むとともに、男性不妊とくに抗精子抗体に関する検討などを中心に研究を行いました。
1980年3月 神戸大学大学院医学研究科卒業 
医学博士号を授与されました。
1981年8月 兵庫県立尼崎病院泌尿器科
1983年1月 神戸大学医学部泌尿器科
講師、助教授として学生、若手医師の教育・指導や手術などの診療に従事しました。
とくにアンドロロジー(男性不妊、性機能障害、前立腺癌など男性特有の疾患領域)と腎移植を中心に臨床・研究を担当しました。
1985年4月には神戸大学として最初の腎移植手術を行い、以後も症例を重ねました。男性不妊外来を担当し、多数の不妊に悩む患者さんの治療もさせていただきました。
1993年4月 兵庫県立加古川病院泌尿器科
1999年4月 三木市立三木市民病院泌尿器科 
上記の2病院では泌尿器科部長として、診療、手術にあたりました。
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医として多くの若手医師の診療や手術の指導も行いました。
腎癌・膀胱癌・前立腺癌などの悪性腫瘍手術でも最新の手術手技を取り入れた良質な医療を提供してきました。
この間の診療については「医者がすすめる専門病院」(発行所:株式会社ライフ企画;1997年より発行、最新版は2007年12月発行)で紹介されています。また神戸大学医学部泌尿器科の非常勤講師として、学生講義の担当や腎移植手術の手術協力をしてきました。
2008年4月 まつもと泌尿器科開設

おもな所属学会

日本泌尿器科学会(代議員)
日本癌学会
日本癌治療学会
日本アンドロロジー学会(評議員)
日本生殖医療学会
日本移植学会
日本泌尿器内視鏡学会
日本内分泌外科学会(評議員)

↑ PAGE TOP